おのみなとこども食堂 第3回6月16日開催

2018年06月12日 19時22分 ニュース, 社会

地域の子どもたちを集めて食事を提供する「こども食堂」が今月16日、和歌山市の教会で開かれます。

これは、福祉関連のボランティア活動を行っている人たちらでつくる「おのみなとこども食堂の会」が主催するもので、会場は、和歌山市下町(げのまち)の天理教紀ノ川分教会です。

食材は、すべて個人や団体からの寄付でまかなわれていて、3度目となる今回のメニューは、ハヤシライスの予定です。

7月16日と8月11日の開催も決まっていて、7月と8月には、かき氷、8月には、流しそうめんも予定されています。

おのみなとこども食堂の会会長の三谷ふみ子(みたに・ふみこ)さんは、「子どもたちだけでなく、子育てを卒業した私たちのような60歳代以上の年代が、地域の中で再生できる場所を提供していきたい」と話しています。

和歌山県によりますと、県内には、和歌山市の12カ所を含め26のこども食堂が開設されています。