大雨・高速道路や一般道で通行止め(午後7時)(写真付)

2018年07月06日 19時28分 ニュース, 交通, 防災

和歌山県内の高速道路では、阪和自動車道の泉南(せんなん)インターと海南(かいなん)インターの間が、雨のため、一時上下線とも通行止めとなったほか、土砂崩れのため京奈和(けいなわ)自動車道のかつらぎ西インターと紀の川東インターの間の東行き車線が、通行止めとなりました。

通行止めになった宮街道・田中町のアンダーパス

そのほかの県内の高速道路や有料道路は、雨のため50キロの速度規制になっています。

関空道と関空連絡橋は雨のため60キロの速度規制が行われています。

冠水した道路

また、一般道でも冠水や路面の破損などが相次ぎ、きょう(6日)午後4時現在で16カ所で全面通行止め、1カ所で片側交互通行となっています。

県・道路保全課によりますと、和歌山市では県道が所々で冠水し全面通行止めとなっているほか、和歌山市の雄ノ山峠(おのやまとうげ)や、有田川町粟生(ありだがわちょう・あお)の県道では土砂崩れで全面通行止めになっています。

和歌山市の田中町(たなかまち)や中島(なかじま)のアンダーパスでは、冠水のため、一時通行止めになりました。