松源、岩出市の新工場着工で地鎮祭(写真付)

2018年07月10日 18時59分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市を拠点にスーパーマーケットを展開する、株式会社松源(まつげん)が、岩出市に新たに設置する製造と物流の拠点が近く着工することになり、きょう(10日)、地鎮祭が行われました。

鍬入れする桑原社長

きょう午前8時から行われた地鎮祭では、松源の桑原太郎(くわはら・たろう)代表取締役社長や岩出市の中芝正幸(なかしば・まさゆき)市長をはじめ、県や、施工を担当する松原建設工業の関係者らあわせておよそ60人が出席して

工事の安全を祈願しました。この中で桑原社長は「ここを拠点に、今の会社の規模を倍にすることを目標に、新たなセンターを築けることに期待に胸を膨らませています」と挨拶しました。

松源が新たに設置するのは、肉や惣菜などを加工・製造する「プロセスセンター」と、配送の拠点となる「物流センター」で、京奈和自動車道の岩出根来インターに近い岩出市根来の敷地2万8500平方メートルに新設します。投資予定額は39億7800万円で、操業開始は「物流センター」が来年(2019年)8月、「プロセスセンター」が9月の予定です。