緊急消防援助隊和歌山県隊、広島県へ出発(写真付)

2018年07月12日 19時11分 ニュース, 防災

西日本を襲った記録的な豪雨の影響で土砂崩れや水害が相次いでいる広島県に向けて、きょう(12日)和歌山県内の消防士で構成する「緊急消防援助隊和歌山県隊」が出発しました。

西井大隊長が尾花市長に集結報告

「緊急消防援助隊和歌山県隊」は、総務省消防庁長官から今月(7月)7日にも出動に備えた準備指示を受けて招集され一旦解散しましたが、おととい(10日)夜に再び準備指示を受けました。今回は、県内8消防本部の12隊56人が招集され、きょう午前、それぞれの庁舎を一斉に出発しました。

このうち和歌山市消防局では、出発を前にきょう午前9時から庁舎前で出発式が行われ、和歌山市消防局警防課副課長の西井正治(にしい・しょうじ)・大隊長が和歌山市の尾花正啓(おばな・まさひろ)市長に隊員の集結を報告しました。尾花市長は「皆さんの経験と知識を生かして一人でも多くの被災者を救援・救出してほしい。暑さも厳しいので体に気を付けて頑張ってきてください」と激励しました。このあと、消防庁からの出動指示を受けて隊員21人が消防車両に乗り込み出発しました。

和歌山県隊では、ボートやスコップ、隊員の拠点となるエアテントのほか、浸水箇所やぬかるみなど、通常の車では入りにくい場所にも対応できる「水陸両用バギー車」を積載していて、きょう、広島市安佐北区(あさきたく)の消防学校に到着したあと、現地の指示を受けながら4日程度、行方不明者の捜索などにあたるということです。

消防庁は今回、「第3次派遣」として和歌山県を含む8府県に出動を要請していて、和歌山の「緊急消防援助隊」が出動するのは、2011年の東日本大震災以来2回目です。