白浜町の海岸で身元不明死体 転覆事故の犠牲者か

2018年07月12日 19時07分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(7/12)早朝、白浜町の海岸で男性の遺体が見つかり、警察は、この男性が、2日前に白浜町の海で転覆したボートに乗っていた可能性があるとみて、身元の確認を急いでいます。

きょう午前6時頃、白浜町の臨海浦海水浴場東側の砂浜で、仰向けの状態で打ち上げられている遺体を散歩をしていた男性が見つけました。

遺体は、年齢60歳くらいの男性で、身長170センチメートルくらい、中肉で、両足に白い靴下をはいていました。

白浜警察署は、あす遺体を解剖して死因などを調べるほか、遺体の男性が、おととい、白浜町の海で転覆したモーターボートに乗っていた可能性があるとみて、身元を調べています。

おとといの事故では、転覆したボートの近くで大阪府守口市の77歳の男性が遺体で見つかっていて、田辺海上保安部は、ほかにボートに乗っていた人がいなかったか、調べています。