和歌山市の避難勧告 一部地域で解除、2世帯は継続

2018年07月13日 19時14分 ニュース, 防災

今月(7月)6日未明に降った大雨の影響で土砂災害の恐れがあるとして、和歌山市の一部地域に出されていた避難勧告がきょう(13日)午後、一部を除いて解除されました。

和歌山市は、きょう午後3時、雑賀崎地区の1世帯2人と、加太地区の10世帯10人に出していた避難勧告を解除しました。また、きょう午後4時には、園部地区の18世帯27人について避難勧告を解除しました。

これらの地域では、今月6日未明に降った大雨の影響で土砂災害の恐れがあるとして、避難勧告が出されていましたが、きょう午後、安全が確認されたということです。一方、園部地区の2世帯5人については引き続き避難勧告が出されています。

同じく園部地区の16世帯36人に出されていた避難勧告は、今月11日午前11時に解除されました。