【高校野球】日高中津、和歌山工業、那賀、2回戦へ

2018年07月13日 19時17分 スポーツ, ニュース, 高校野球

和歌山市の紀三井寺公園野球場で行われている第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会は、3日目のきょう(7/13)、1回戦3試合が行われ、日高中津、和歌山工業、那賀が勝って2回戦に進みました。

日高中津 対 海南の第1試合は、1回に海南が、1アウト満塁のチャンスから5番・田尻のタイムリーヒットで1点を先制すると、日高中津は、1アウト1塁から、3番・杉浦の逆転ツーランホームランで2対1と逆転しました。その後は、先発投手の日高中津・宮井と、海南・田伏による投げ合いとなり、7回には、海南が2対2の同点に追いつきましたが、続く8回、日高中津は、ツーベースを含む4本のヒットと相手エラーなどで一挙5点をあげ、最終回に1点とって追いすがる海南を振り切り、7対3で2回戦に進出しました。

勝った日高中津は、大会7日目の第2試合で慶風と対戦します。

第2試合の和歌山工業 対 耐久は、1回に和歌山工業が、ノーアウト2塁から2番・栗本のタイムリーツーベースで1点を先制し、その後も、2回、4回、6回と小刻みに1点ずつ追加しました。耐久の先発、松下は、相手に大量得点を許さず、ねばりのピッチングをみせていましたが、9回に2つの押し出しフォアボールなどで4点を追加されました。和歌山工業は、先発・沼田とリリーフ・西居が完封リレーを見せ、8対0で耐久をくだしました。

勝った和歌山工業は、大会7日目の第3試合で串本古座と対戦します。

第3試合の紀央館 対 那賀の一戦は、1回に紀央館が2本のスリーベースヒットで1点を先制しましたが、那賀は、2回に、2番・雑賀のタイムリーツーベースを含む6本の長短打で5点をとり、その後も5回と6回に1点ずつを加え、7対1とリードしました。これに対し、紀央館は、7回に代打の芝浩太郎(しば・こうたろう)がソロホームランを放ち一矢報いましたが、及ばず、7対2で那賀が勝ち、去年の夏の大会で準優勝した紀央館は、1回戦で姿を消しました。

勝った那賀は、大会8日目の第1試合で紀北工業と対戦します。

大会4日目のあすは、紀三井寺公園野球場で2回戦4試合が予定されていて、午前8時半試合開始予定の第1試合が、星林 対 和歌山東、第2試合が、近大新宮 対 和歌山商業、第3試合が、和歌山高専 対 シード校の向陽、第4試合が、シード校の智辯和歌山と高野山となっています。

和歌山放送では、あす午前8時25分から試合の模様を実況中継します。