JR「パンダくろしお」登場1周年・白浜駅で誕生会(写真付)

2018年08月05日 14時38分 ニュース, 交通, 経済

白浜町の「アドベンチャーワールド」で人気のパンダなど動物を車体にラッピングしたJR西日本の特急「パンダくろしお Smile(スマイル)アドベンチャートレイン」の運行1周年を記念した誕生祭が、きょう(5日)JR白浜駅で行われ、地元の子ども達が祝福しました。

「パンダくろしお」1周年誕生祭のもよう(8月5日・JR白浜駅)

パンダくろしおは、アドベンチャーワールドとJR西日本が共同で企画したラッピング電車で、普段「くろしお号」として使用されている287系の車両にパンダやトラなどの様々な動物やアドベンチャーワールドのロゴがデザインされています。

パンダ仕様のヘッドカバー

また、車内も、座席のヘッドカバーにもパンダの顔がデザインされるなどパンダづくしの楽しい車両になっています。

この日昼前、白浜駅0番のりばで開かれた誕生祭では、白浜町立西富田(にしとんだ)小学校の1年生4人による合唱を合図にパンダくろしおのメロディホーンが鳴り響くと、バースデーケーキのローソクが消され、運行1周年を祝いました。

動物ふれあい体験コーナー

また、駅のコンコースでは、ベニコンゴウインコやコツメカワウソなどアドベンチャーワールドで飼育されている可愛い動物たちと触れ合える体験コーナーが出張で開かれたほか、アドベンチャーワールドのエントランスでは、この日から来月(9月)2日まで、タカラトミーの協力でパンダくろしおのプラレールの展示コーナーも設けられています。