前線の通過で和歌山市で24時間雨量が100ミリ超(10日午前11時)

2018年09月10日 11時26分 ニュース, 交通, 社会

和歌山県地方は前線の通過で昨夜からまとまった雨が降っていて、和歌山市ではきのう(9日)からきょう(10日)午前11時までの24時間雨量が100ミリを超えるなど、地域によって雨量が増えています。きょう(10日)午前11時までの24時間雨量は和歌山市で100ミリ、川辺で105ミリ、日置川が92ミリ、龍神で76ミリなどとなっています。

県によりますと、南部川と切目川で氾らん注意情報が発表されていて、水位の上昇に注意を呼びかけています。この雨の影響でJR紀勢線は、きょう午前紀伊田辺駅と御坊駅間で一時運転を見合わせたため紀勢線の一部の列車に遅れが出ています。