14日から関空第1ターミナル一部運用再開 関西エア社長

2018年09月13日 18時59分 ニュース, 交通, 社会, 防災

関西空港を運営する関西エアポートの山谷佳之(やまや・よしゆき)社長がきょう(9/13)、記者会見し、閉鎖が続く第1ターミナルについて、あすから南側エリアで運用を再開すると発表しました。

また山谷社長は、浸水の被害を受けたA滑走路が復旧したものの、あすから16日までは離着陸には使用せず、17日以降になると明らかにしました。

一方、浸水を免れた第2ターミナルとB滑走路は、今月7日に国内線が、翌日8日に国際線の一部がそれぞれ運航を再開しています。