【台風21号】関空第1ターミナルの運用が一部再開

2018年09月14日 21時09分 ニュース, 交通, 社会, 防災

台風21号で被災して閉鎖が続いていた関西空港第1ターミナルビルの運用がきょう(9/14)、一部で再開され、再開後の離陸第1便となる全日空の羽田便が離陸しました。

利用客の大阪市の60歳代女性は、「家族4人でディズニーランドに行く予定です。前日まで運航するかどうかわからないので、やきもきしました」とほっとした様子でした。

第1ターミナルビルでは、きょう、被災前の3割に当たる国際便80便、国内線40便ほどの運航が予定されています。

また、タンカーの衝突で破損した対岸との連絡橋のうち、鉄道部分を保有する会社は、鉄道施設に大きな損傷がなければ、21日にも列車の運行が再開されるという見通しを示しています。

連絡橋では、道路部分を管理する西日本高速道路がきょう、損傷した橋桁2本のうち、残っていた1本についても、撤去する作業をすべて終えました。