フィリピン沖地震・和歌山県沿岸に津波注意報

2012年08月31日 23時20分 ニュース, 社会, 防災

気象庁によりますと、日本時間のきょう(8月31日)午後9時48分ごろ、フィリピン諸島付近で、マグニチュード7.6と推定される地震が起きました。

気象庁は、きょう(31日)午後10時7分、和歌山県沿岸に津波注意報を出しました。沿岸部にいる人は、直ちに安全な場所や高台、高い頑丈な建物などに今すぐ避難してください。海岸や河口付近には、絶対に近づかないでください。様子を見に行かないでください。和歌山県内の津波の第1波の到達時刻は、あす(9月1日)午前1時ごろで、予想される津波の高さは50センチです。ただし、地形によって予想時刻よりも早まったり、津波が高くなることもあります。第2波、第3波の方が高くなる恐れもあります。津波注意報が解除されるまでは、絶対に避難をやめないでください。

また、満潮時刻と重なった場合、津波は予想よりも高くなることがあります。また、和歌山県内の満潮時刻は、次の通りです。

那智勝浦町浦神で、あす(9月1日)午前5時47分ごろ、

串本町袋港であす(9月1日)午前5時50分ごろ、

御坊市祓井戸で、あす(9月1日)午前5時54分ごろ、

白浜町堅田で、あす(9月1日)午前5時51分ごろ、

和歌山で、あす(9月)1日午前6時15分ごろとなっています。

地形によっては、時間が前後したり、予想より高くなることもあります。