県下高校野球新人戦 ベスト4出揃う

2012年09月02日 15時41分 ニュース, 社会, 経済

和歌山県高校野球新人戦は、きょう(2日)県内4つの球場で準々決勝4試合が行われ、南部と智弁和歌山、和歌山商業、高野山が勝ってベスト4が出揃いました。日高川町の南山スポーツ公園野球場で行われた南部対有田中央は7回コールド8対0で南部が勝ちました。和歌山市の県営紀三井寺球場の、近大新宮対智弁和歌山は7回コールド10対1で智弁和歌山が勝っています。上富田町の上富田スポーツセンター野球場で行われた星林対和歌山商業は9対8で和歌山商業が勝ちました。新宮市のくろしおスタジアムで行われた高野山対田辺は2対1で高野山が勝っています。準決勝は今月8日、上富田スポーツセンター野球場で南部と智弁和歌山、和歌山商業と高野山が決勝進出をかけてそれぞれ対戦します。なお、きょう(2日)勝った南部と智弁和歌山、和歌山商業、高野山の4チームは、今月(9月)29日から県営紀三井寺球場で行われる秋の近畿地区高校野球大会県2次予選の出場権を得ました。