紀陽HD 投入された公的資金の半分を返済へ

2012年09月04日 09時49分 ニュース, 社会, 経済

2006年に金融機能強化法に基づき、公的資金を投入された紀陽ホールディングスは、投入された資金のうち、およそ半分にあたる154億円を、あさって(6日)、返済すると発表しました。

紀陽ホールディングスは、2006年に、金融機能強化法に基づき、315億円の公的資金の投入を受けていて、およそ半分にあたる154億円を返済することで、整理回収機構が引き受けている優先株を買い戻します。

残りは、2014年度末までに、返済する計画だということです。