大相撲秋場所、幕内木村山黒星スタート

2012年09月09日 16時26分 ニュース, 社会

大相撲秋場所がきょう(9日)開幕し、御坊市出身の幕内、木村山(きむらやま)は、富士東(ふじあずま)に押し出しに敗れました。

木村山は、去年(2011年)の九州場所以来、5場所ぶりの幕内返り咲きでしたが、初日を出せませんでした。
そのほかの和歌山県勢では、幕下の海龍(かいりゅう)と三段目の千代雷山(ちよらいざん)は、勝って白星発進となりましたが、三段目の栃ノ島(とちのしま)は黒星スタートです。三段目の久之虎(ひさのとら)と序二段の紀の川(きのかわ)は、きょうは取り組みがありませんでした。