ノーリツ鋼機体育館でバスケットJBLのプレシーズンマッチ(写真付き)

2012年09月16日 17時02分 ニュース, 社会, 経済

国内最高峰の日本バスケットボールリーグ(JBL)に参加している、リンク栃木ブレックスとパナソニックトライアンズのプレシーズンマッチが、きょう(16日)午後、和歌山市のノーリツ鋼機体育館で行われました。

P1030843

あす(17日)もノーリツ鋼機体育館で日本トップレベルの試合が展開される

和歌山でのプレシーズンマッチ開催は、バスケットの経験があるノーリツ鋼機の西本博嗣(にしもと・ひろつぐ)社長の熱意から実現したもので、西本社長は、ハーフタイムにフリースローに挑戦するなど、会場を盛り上げていました。

試合では、迫力ある激しいボールの奪い合いやスリーポイントシュートが飛び出すと、会場のいたるところから、大きな歓声があがっていました。敬老の日で祝日のあす(17日)も午後3時から、ノーリツ鋼機体育館でリンク栃木ブレックスとパナソニックトライアンズのJBLプレシーズンマッチが行われます。そして、試合前には、来場者がバスケットボールを楽しめるオープンコートやフリースロー大会も予定されています。

会場の体育館は、土足での入場が禁止されているため、試合の観戦などには、上履きと靴袋が必要です。