台風16号の影響、波やうねり、大雨・高潮に注意

2012年09月16日 19時30分 ニュース, 防災

九州の西の海上を北上中の大型で非常に強い台風の影響で、和歌山県沿岸で波やうねりが高くなっているほか、あす(17日)にかけ、南部を中心に強い雨が降るおそれがあるとして、気象台が注意を呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、大型で非常に強い台風16号はきょう(16日)午後6時には、鹿児島県・屋久島(やくしま)の西およそ240キロの海上にあって、1時間におよそ35キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルで、中心の東側260キロ以内と西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いいます。今後も台風は九州の西の海上を北上を続け、あすの昼ごろには朝鮮半島付近に達するとみられています。
この台風の和歌山県地方への直接の影響はありませんが、徐々に風が強くなり、沿岸部ではすでに波やうねりが高くなっていて、あすにかけて、最大風速は、県内全域の海上で15メートル、陸上で12メートル、最大瞬間風速は、ともに25メートルに達し、波の高さは、南部では5メートル、北部では4メートルとなり、うねり伴う見込みです。
また、きょうは新月で、大潮の時期となっているため、満潮時を中心に通常より潮位が高くなり、海岸や河口付近の低い土地では、浸水や冠水など高潮にもあわせて注意が必要です。あすの満潮時刻は、和歌山港が、午前6時44分と午後6時56分、串本港は、午前6時17分と午後6時28分となっています。
一方、台風の外側にある強い雨雲が南から断続的に流れ込むため、あすにかけて、県南部では、多いところで、1時間に40ミリの強い雨が降るおそれがあり、あす夕方までの総雨量は、200ミリに達する見込みです。
現在、和歌山県全域には、雷・強風・波浪・高潮注意報が発表されています。気象台では引き続き台風や気象の情報に十分注意するよう呼びかけています。