強風や高波に注意

2012年09月17日 12時34分 ニュース

和歌山地方気象台はきょう(17日)昼前、九州の西を北上している台風16号に関して、あすにかけて強風や高波などに注意するよう呼びかける気象情報を発表しました。
それによりますと和歌山県地方では、あすにかけて、強風やうねりを伴った高波に注意を呼びかけているほか、南部を中心に土砂災害や河川の増水、竜巻などの激しい突風や落雷に注意を呼びかけています。また和歌山県地方では、きょう予想される最大風速は北部の陸上で18メートル、海上で23メートル。南部の陸上で13メートル、海上で17メートル。海上は北部で、うねりを伴って4メートル、南部は うねりを伴って5メートル。きょう12時からあす12時までの雨量は、北部で100ミリ、南部で200ミリと予想しています。