南部が秋の高校野球県二次予選を辞退

2012年09月21日 10時57分 ニュース, 社会

秋の近畿高校野球大会の和歌山県2次予選に出場する予定だった南部高校は、2年生部員が1年生部員に暴行する不祥事が起きたため、出場を辞退すると和歌山県高校野球連盟に申し出ました。 県高野連は、きのう(20日)緊急の役員会を開いて申し出を受理しました。南部の出場辞退にともなって県高野連は、県1次予選の代表決定戦で敗れた4校から1校を選び、合わせて5校を2次予選に出場させると発表しました。

県2次予選は、新人戦ベスト4校のうち、南部を除く智弁和歌山 和歌山商業 高野山の3校と合わせて8校が出場し、今月(9月)29日から行われます。組み合わせ抽選会は、今月26日午後1時半から和歌山商業高校会議室で行われます。県2次予選の上位3校は、来月(10月)20日から兵庫県ほっともっとフィールド神戸球場で開かれる、秋の近畿高校野球大会に出場します。