南海フェリーが10月から自転車運賃無料キャンペーン

2012年09月22日 16時41分 ニュース, 交通, 社会, 経済, 防災

和歌山と徳島を結ぶ南海フェリーでは、来月(10月)1日から半年間、自転車運賃が無料となります。

これは、観光や物流で大きな役割を果たしている南海フェリーの利用者が減少し、存続が危ぶまれる中、関心を高め、利用促進につなげようと南海フェリーと和歌山市が協力して実施するキャンペーンです。
和歌山・徳島航路の年間の利用者は、1997年にはおよそ35万5千人でしたが、1998年4月の明石海峡大橋開通で一気に減少、去年はおよそ11万人にとどまっています。
和歌山市は「緊急物資などを大量に輸送することが可能な航路で、災害時の備えとしても必要」と危機管理の面からも存続を後押ししたい考えです。
今回のキャンペーンでは、旅客運賃は必要ですが、通常片道600円の自転車搬送運賃が無料となるもので、来年(2013年)3月末まで実施されます。