30日、中秋の名月を観月&コンサート、各地で

2012年09月23日 18時43分 ニュース, 社会, 経済, 防災

今年の中秋の名月となる今月30日は、県内各地で観月会やコンサートが開かれます。

紀美野町のみさと天文台では、9月の天文教室として、この日午後7時から「お月見会」が開かれます。名月を見上げながら楽しむ恒例のコンサートは、大阪芸術大学出身で、県内在住の主婦3人の「アンサンブルはづき」によるクラリネットのデュオとピアノの演奏会です。また、先着70人程度には300円で、抹茶と特製月見団子が用意されます。

岩出市根来(ねごろ)にある県立森林公園「根来山(ねごろやま)げんきの森」では、この日午後6時から観月会として、ギター・コンサートが開かれます。静かな夜の里山で、中秋の名月を眺めながらの演奏会で、出演は、那智勝浦町出身のギタリスト、濱口祐自(はまぐち・ゆうじ)さんです。入場は無料です。

和歌山市和歌浦南(わかうらみなみ)の片男波(かたおなみ)公園「万葉館(まんようかん)」では、この日、「万葉観月の会」と「お月見コンサート」が開かれます。観月の会は、お菓子と抹茶付きで500円で、万葉館(073-443-5553)に予約が必要です。「お月見コンサート」は、午後7時からおよそ1時間、県内で活動する音楽家たちが集い、ピアノやヴァイオリンと歌声で秋の夜に楽しい演奏会が開かれます。コンサートの入場は無料です。

ところで、この日(30日)の和歌山市の日没は午後5時45分ですが、月の出はこれより10分ほど早い午後5時34分となっていて、夕暮れの中、東の空から満月が昇り、空が暗くなるとともに、月は高くなり、明るさを増していくことになります。