岩出市長選・現職中芝氏が5選(写真付き)

2012年10月01日 00時09分 ニュース, 政治, 社会

現職と新人の一騎打ちとなった任期満了に伴う岩出(いわで)市長選挙の投票がきょう(30日)行われ、即日開票の結果、無所属の現職、中芝正幸(なかしば・まさゆき)氏69歳が旧・岩出町長時代を含めて5回目の当選を決めました。

 

万歳三唱をする中芝市長(中)(9月30日・岩出市にて)

岩出市選挙管理委員会が発表した開票結果は次の通りです。敬称は省略します。

当選 中芝正幸(なかしば・まさゆき) 無所属・現 9060票

尾和弘一(おわ・ひろかず) 無所属・新 4946票

以上がきょう(30日)投票が行われた岩出市長選挙の開票結果でした。

当選した中芝氏は、京奈和(けいなわ)自動車道や第3次下水道事業などが完成する見込みの平成27年度(2015年度)を市の節目ととらえ、引き続き、市の発展のために働く責務があるとこれまでの実績を強調し、自民党や公明党の推薦を得るなど有利な選挙戦を展開しました。

 

当選後、中芝氏は岩出市内のホテルで支持者らを前に万歳三唱と鏡開きで当選を祝いました。

 

中芝正幸市長(9月30日)

中芝市長は「バランスの取れた、次の世代の子どもたちに負担を残さないこれまでのモットーを継続し、長期総合計画に沿った市政運営につとめたい」と抱負を述べました。

新人の尾和氏は、ゴミ袋有料化の廃止や、マンモス中学校解消のための中学校新設、高齢者・障がい者福祉の充実などを柱とする市政の刷新を訴えましたが、及びませんでした。
投票率は4年前の前回より11・94ポイント低い35・04%、岩出市の当日有権者数は4万787人でした。