田中佑典選手に埼玉県草加市が市民栄誉特別賞贈る

2012年10月04日 10時44分 ニュース, 社会

この夏のロンドンオリンピック体操・男子団体総合で
銀メダルを獲得した、
県立和歌山北高校出身の田中佑典(ゆうすけ)選手22歳が、
いま住んでいる埼玉県草加(そうか)市から、
このほど市民栄誉特別賞を受けました。
田中佑典選手は、体操男子団体総合のメンバーの
内村航平(うちむら・こうへい)選手や山室光史(やまむろ・こうじ)選手、
それに草加市出身の加藤凌平(かとう・りようへい)選手とともに
表彰を受けました。
このうち、体操男子個人の部で金メダルを獲得した
内村航平選手には市民栄誉賞が、
田中選手らほかの選手には、
市民栄誉特別賞が贈られました。
表彰は先月(9月)29日に行われ、
田中選手は、草加市役所前に集まった
多くの市民から祝福を受けました。
また、レスリング男子フリースタイル55キロ級で
銅メダルを獲得した湯元進一(しんいち)選手は、
この日、埼玉県和光(わこう)市の小学校の運動会に招かれ
児童と交流しました。

この夏のロンドンオリンピック体操・男子団体総合で銀メダルを獲得した、県立和歌山北高校出身の田中佑典(ゆうすけ)選手22歳が、いま住んでいる埼玉県草加(そうか)市から、このほど市民栄誉特別賞を受けました。

田中佑典選手は、体操男子団体総合のメンバーの内村航平(うちむら・こうへい)選手や山室光史(やまむろ・こうじ)選手、それに草加市出身の加藤凌平(かとう・りようへい)選手とともに表彰を受けました。

このうち、体操男子個人の部で金メダルを獲得した内村航平選手には市民栄誉賞が、田中選手らほかの選手には、市民栄誉特別賞が贈られました。

表彰は先月(9月)29日に行われ、田中選手は、草加市役所前に集まった多くの市民から祝福を受けました。

また、レスリング男子フリースタイル55キロ級で銅メダルを獲得した湯元進一(しんいち)選手は、この日、埼玉県和光(わこう)市の小学校の運動会に招かれ児童と交流しました。