和歌山市が家具転倒防止の金具取り付け事業実施

2012年10月12日 13時45分 ニュース, 社会, 防災

大地震などの災害が発生した際、家具の転倒によるケガなどを防ごうと、和歌山市は、家族全員が災害時要援護者に登録されている世帯を対象に、転倒防止金具の取り付けを行います。

これは、災害発生時、家具の転倒が、ケガの原因や避難の妨げになるおそれがあるため行うものです。金具の取り付けは、対象世帯のうち、希望する家庭に、事前調査を行った後、実施しています。和歌山市総合防災課は「大きな地震が起こると、家具が転倒して避難の妨げになることがあります。対象になっていない世帯でも、家具の固定をして、すぐに避難できるようにして欲しい」としています。

申し込みは、和歌山市総合防災課、または、各地区の支所・連絡所にある申請書に記入した上で、和歌山市総合防災課に郵送または持参してください。詳しい問い合わせは、和歌山市総合防災課 電話 073・435・1199です。