和歌山市・みその商店街にスポーツ振興の拠点誕生(写真付き)

2012年10月30日 15時58分 ニュース, 社会, 経済

和歌山をスポーツで盛り上げようと、野球の関西独立リーグ・紀州レンジャーズが、和歌山市のみその商店街に、スポーツ振興の拠点を開設しました。

P1000387

みその商店街にスポーツ振興の拠点施設オープン

この「ミソノスポーツコミュニティスペース」は、紀州レンジャーズが球団事務所を置く建物の、1階の空き店舗を利用して設けられました。昼は、トレーニングに関するセミナーが開かれるほか、夜は、大型130インチの画面で、スポーツ中継などを楽しめるバーに変身します。

きょう(30日)は、開設を記念して、紀州レンジャーズの石井毅(木村竹志)監督が、「神が創った試合 箕島対星稜 延長18回」と題し、1979年夏の甲子園の伝説の試合を振り返りました。映像を交えて、選手1人1人の想いを代弁した石井監督は、講演後、「また1から頑張ります。和歌山をスポーツで、元気にする拠点になれば」と力を込めました。

P1000403

映像を交えて箕島対星稜戦を振り返る石井毅(木村竹志)氏

ミソノスポーツコミュニティスペースでは、来月(11月)3日午前10時から、正しいストレッチの仕方を学べるセミナーを開きます。申し込み不要で、参加費は500円です。また、スポーツバーの営業時間は、午後5時半から午後11時までです。問い合わせ先は、紀州レンジャーズ球団事務所  電話 073・431・1304です。