島精機がニット事業会社「SHIMA」を設立

2012年10月31日 17時13分 ニュース, 社会, 経済

ニット横編み機大手の株式会社「島精機製作所」は、主力の「ホールガーメント」の普及に特化した新たな子会社「株式会社SHIMA(シマ)」をこのほど設立しました。代表取締役社長には、島精機製作所・取締役の西川清方(にしかわ・きよかた)営業本部付き部長が就任しました。

株式会社SHIMAでは、本体の島精機製作所が誇る無縫製ニット製品「ホールガーメント」の企画や製造販売に特化した事業展開を行い、より効率性の高いニット生産事業モデルを構築します。

また、ホールガーメント横編み機やコンピューターデザインシステムを、ASEAN(アセアン)諸国など海外市場への需要喚起も同時に展開していきます。

これらのビジネスモデルは、経済産業省の「国内立地推進事業費補助金制度」に認定されています。

設立時の社員は19人で、今後30人体制に増強する予定です。

西川社長は「島精機が世界に誇る魅力的なニット技術を、和歌山から世界市場へさらに普及させたい」と意気込みを語りました。