マリーナシティでクリスマスイルミ、スタート(写真有)

2012年11月04日 11時25分 ニュース, 社会, 経済

和歌山市の和歌山マリーナシティで、恒例のクリスマスイルミネーションが始まりました。

点灯された「ジャンボ・クリスマスツリー」

点灯された「ジャンボ・クリスマスツリー」



今年は、ポルトヨーロッパ西側エントランス前の「いこらストリート」に、高さ12メートル、およそ2万個の電飾が施された「ジャンボ・クリスマスツリー」が登場しました。きのう(3日)午後4時半、「ジャンボ・ツリー」が点灯されると、訪れた家族連れやカップルらがツリーの前で立ち止まり、写真を撮るなどしていました。また、「ジャンボ・クリスマスツリー」の横には、「ウィッシュカード」が備えられていて、大阪・河内長野市から来たという3人家族は、カードにそれぞれの願いごとを書いたあと、「願いが叶いますように」とツリーにしっかり結び付けていました。
ウイッシュカードを書く家族連れ

ウイッシュカードを書く家族連れ


このほか、ポルトヨーロッパでは、高さ6メートルのミニツリーやさまざまな動物の形をした「光のオブジェ」など、あわせておよそ15万個の電飾が美しい光の空間を演出しています。
和歌山マリーナシティのクリスマスイルミネーションは来月(12月)25日まで行われます。
ポルトヨーロッパ内のイルミネーションは、期間中、土曜・日曜・祝日については、午後6時まで楽しめます。また、「ジャンボ・クリスマスツリー」は、深夜0時まで点灯されます。