県立医大軽音楽部定期演奏会 17日午後5時開演(写真付き)

2012年11月13日 15時01分 ニュース, 社会, 経済

創部から54年目を迎える、和歌山県立医科大学軽音楽部が、年に1回の定期演奏会を、今月(11月)17日に開きます。

P1000685

夜遅くまで練習に励む軽音楽部の部員(県立医大講堂にて)

県立医大の軽音楽部「ザ・スウィンギング・セルズ」は、創部から54年の歴史を誇り、県立医大の医学科や看護学科などに通う、1年生から6年生までのおよそ40人が在籍しています。普段は、依頼を受けて、イベントやパーティーで演奏するなど、学校の内外で、幅広く活動していて、現在は、勉強の合間をぬって、演奏だけではなく、舞台上で見せるパフォーマンスの練習にも励んでいます。

軽音楽部の部長で、部員からは「キャプテン」と呼ばれる、医学部4年生の長井善隆(ながい・よしたか)さんは「部が一体となって演奏会を作りあげます。ご期待ください」と笑顔で話しました。

県立医大の軽音楽部「ザ・スウィンギング・セルズ」の年に1回の定期演奏会は、和歌山市紀三井寺にある、県立医大の講堂で、今月(11月)17日午後5時開演です。開場は午後4時半で、入場無料です。