維新・阪口氏と山下氏を公認

2012年11月21日 19時43分 ニュース, 政治, 社会

日本(にっぽん)維新の会は、きょう(21日)、民主党に離党届を提出した小沢鋭仁(おざわ・さきひと)元環境大臣ら、小選挙区の3次公認候補60人を発表しました。

和歌山県では、和歌山2区から阪口直人(さかぐち・なおと)前衆議院議員と、和歌山3区から山下大輔(やました・だいすけ)県議会議員がそれぞれ立候補することになりました。これで維新はすでに和歌山1区から立候補を表明している林潤(はやし・じゅん)元衆議院議員を含め、県内のすべての小選挙区に候補者を擁立したことになります。

なお日本維新の会では、4次公認をあす(22日)、5次公認を24日にそれぞれ発表する予定で、小選挙区の候補は全国で200人弱になる見通しです。