衆議院選挙に向けて和歌山市内各地区で啓発活動

2012年11月29日 17時36分 ニュース, 政治, 社会

来月(12月)16日に投開票される、衆議院総選挙に向けて、和歌山市内の42地区やJR和歌山駅で、投票を呼びかける啓発活動が行われます。

啓発活動は、和歌山市明るい選挙推進協議会が、中心になって進められます。来月(12月)6日から投票日前日の15日までに、和歌山市内の42地区で、市明るい選挙推進協議会地区委員会がそれぞれ街頭啓発を行うほか、来月(12月)10日午後1時から、市選挙管理委員会と合同で、JR和歌山駅前で、ポケットティッシュを配布して、投票を呼びかけます。

和歌山市選挙管理委員会によりますと、ことし(2012年)9月2日現在の、和歌山市の選挙人名簿登録者数は、31万2158人です。投票は、来月(12月)16日午前7時から午後8時までで、和歌山市内では、102ヵ所の投票所で行われます。