「全国大陶器市」が白浜町とれとれ市場で始まる(写真付き)

2012年12月01日 15時00分 ニュース, 社会, 経済

きょうから師走ですが、白浜町のとれとれ市場では年末恒例の「全国大陶器市」がはじまり初日から大勢の観光客で賑わっています。


買い物客らを前にウインズのミニライブも。国体イメージソング「明日へと」をPR
これは山口県に本部のある全国大陶器市振興会が毎年この時期に白浜町で開いているものです。催しは、とれとれ市場駐車場内の特設テントで行われ、有田焼、美濃焼、信楽焼など全国の有名陶器を扱う陶器販売店や窯元、それに家具販売店など14店舗がずらりと並び、ふだん使う茶碗などの食器から数十万円する壺などあわせておよそ30万点、販売されています。初日のきょう(1日)は、朝から時おり強い風が吹きつける中、訪れた観光客や、陶器市開催を待ちわびた地元の人らが商店主と作品について話したり、値引き交渉を楽しみながら、つぎつぎに買い求めていました。会場では和歌山放送の「ウインズ平阪のきょうも全力投球!!」の公開生放送が行われたほか、番組終了後ミニライブも行われ、紀の国わかやま国体イメージソング「明日へと」を国体ダンスチームとともに披露すると買い物に訪れた観光客らが聞き入っていました。全国大陶器市は今月24日まで行われています。