衆院選公示・県選管委員長談話

2012年12月04日 10時16分 ニュース, 政治, 社会

衆議院選挙がきょう(4日)公示されます。和歌山県選挙管理委員会の諸木良介(もろき・りょうすけ)委員長は「今回の衆議院選挙は、厳しい社会経済情勢の中、我が国の進路を決定する上で重要な意義を持っています。有権者の皆様には今回の選挙の意義を十分に認識され、選挙公報などにより各候補者や政党などの政見・政策を十分に見極めたうえで、棄権することなく貴重な一票を投じて欲しい。また、候補者や選挙運動の関係者には、ルールを守ったきれいな選挙を行うよう強く要望いたします」という談話を発表しました。