ダイエー和歌山店が来夏で営業終了

2012年12月04日 18時43分 ニュース, 社会, 経済

スーパー大手の株式会社ダイエーは、和歌山市小雑賀(こざいか)のショッピングセンター「ダイエー和歌山店」の営業を、来年(2013年)7月31日をもって終了すると発表しました。ダイエー和歌山店では、あさって(6日)から営業終了までのおよそ8か月にわたって「ご愛顧感謝セール」を展開します。

ダイエー和歌山店は、1981年2月28日、和歌山市小雑賀の国体道路沿いにオープンしました。

店舗面積はおよそ1万平方メートルを誇り、食料品や衣料品のほか、専門店やフードコートなどが設けられ、売上げは、1990年度には91億円に達しましたが、それ以降は減少傾向にあり、不況なども影響して、来年7月いっぱいでの閉店を決めました。

ダイエー和歌山店では、あさって(6日)から閉店までのあいだ、およそ8か月にわたって「32年間のご愛顧感謝セール」と題して、特設コーナーの商品の割引や、日替わり特価商品の提供などを行い、顧客に感謝の意をあらわすセールを展開します。

また、来年1月から2月にかけては「売り尽くしセール」も行われるということです。