国際ソロプチミスト・チャリティーバザー

2012年12月05日 13時59分 ニュース, 社会, 経済

国際ソロプチミスト和歌山の恒例のチャリティーバザーが今日(12/5)和歌山市で開かれ、会員が持ち寄ったお酒などの人気商品が市価の半額とあって飛ぶような売れ行きを見せていました。
これは、青少年の育成に役立てようと、国際ソロプチミスト和歌山が2年に1回開いているものです。会場の和歌山ビッグ愛の会場では、10時のオープンを前に、およそ200人の買い物客が列を作って並び、オープンと同時にソロプチミストの会員が持ち寄った贈答品に使われたビールやウイスキー、日本酒等のお酒やコーヒーなどが市価の半値とあって飛ぶような売れ行きを見せていました。 会場では、食料品店や雑貨店などの協賛店の市価より安い商品や会員手作りアートフラワーや手芸品などを販売するコーナーや抹茶をサービスするコーナーも設置され、人気を集めていました。

国際ソロプチミスト和歌山の恒例のチャリティーバザーが今日(12/5)和歌山市で開かれ、会員が持ち寄ったお酒などの人気商品が市価の半額とあって飛ぶような売れ行きを見せていました。

これは、青少年の育成に役立てようと、国際ソロプチミスト和歌山が2年に1回開いているものです。会場の和歌山ビッグ愛の会場では、午前10時のオープンを前に、およそ200人の買い物客が列を作って並び、オープンと同時にソロプチミストの会員が持ち寄った贈答品に使われたビールやウイスキー、日本酒等のお酒やコーヒーなどが市価の半値とあって飛ぶような売れ行きを見せていました。

会場では、食料品店や雑貨店などの協賛店の市価より安い商品や会員手作りアートフラワーや手芸品などを販売するコーナーや抹茶をサービスするコーナーも設置され、人気を集めていました。