近鉄和歌山店で人形師・中村信喬作品展 12日まで(写真付き)

2012年12月06日 12時36分 ニュース, 社会, 経済

福岡市出身の人形師・中村信喬(なかむら・しんきょう)さんの作品展が、きょう(6日)から今月(12月)12日まで、和歌山市の近鉄百貨店和歌山店で開かれます。

P1010307

中村信喬さんの作品「長崎幻影」

作品展「人形師 中村信喬の世界展」には、17世紀の長崎で、オランダ人の男性が、柿右衛門の壺を片手に町を眺めている姿を表現した「長崎幻影」などの代表作をはじめおよそ50点の作品が並んでいます。また、太宰府天満宮の樹齢1000年の御神木を使った 「菅公五才像」は、5歳で和歌を詠んだといわれる菅原道真公の凜とした表情が表現されています。像からは、太宰府天満宮の御神木の清々しい香りが感じられました。

会場を訪れた80歳代の女性らは「作品を見てゆったりとでき、心和やかになりました。童心にかえりました」と話しました。あさって(8日)と9日には、中村信喬さんが来場し、作品の解説を行うほか、9日午後2時からは、トークショーも行います。

「人形師 中村信喬の世界展」は、今月(12月)12日まで、午前10時から午後7時の間、和歌山市友田町の近鉄百貨店和歌山店で開かれています。最終日のみ、午後4時までです。

P1010309

太宰府天満宮の御神木の清々しい香りを感じる「菅公五才像」