和歌山市消防局で防火・防災絵画展(写真付き)

2012年12月07日 16時39分 ニュース, 社会, 経済, 防災

火災予防、防災をテーマに、和歌山市内の幼稚園児、小中学生らが描いた絵画の展覧会が、きょう(7日)から、和歌山市八番丁の和歌山市消防局で開かれています。

和歌山市消防局で開催中の「防火・防災絵画展」を眺める人たち

和歌山市消防局で開催中の「防火・防災絵画展」を眺める人たち

これは、火災予防や防災に関する絵画を描くことで、地域住民に対し、絵画を通して防火・防災への関心を深めてもらおうと、毎年12月に和歌山市消防局が開いているものです。
今回の展示会では、和歌山市内の6つの幼稚園、小学校と、全日本消防人共済会が主催した「平成24年度防火ポスター図案募集」に応募した作品を含む、あわせて357作品が展示され、作品の中から特に優れた作品に、消防局長賞、和歌山市消防協会長賞、優秀賞に選ばれ、入賞者には賞状と副賞が贈られます。
消防局長賞には、「小中学校の部」で、明和(めいわ)中学校2年生の青山季暉(あおやまとしき)さんが、「幼年消防クラブの部」で、まつえ幼稚園 年長の高橋乃々華(たかはし・ののか)さんが選ばれました。

絵画展はきょう(7日)からあさって(9日)までの3日間、和歌山市八番丁の和歌山市消防局3階 多目的ホールで開かれています。展示時間は午前9時から午後5時までです。なお、あさって(9日)は4時までとなっています。