アルテリーヴォ和歌山が入団テスト

2012年12月15日 17時07分 ニュース, 社会

和歌山からJリーグ入りを目指す
サッカー関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山は、
きょう(15日)
紀の川市の桃源郷運動公園で入団テストを行い、
参加したテスト生15人が
入団に向けて懸命に自らをアピールしました。
きょう(15日)の入団テストでは、
新しく就任した河村優(かわむら・ゆう)監督や
児玉佳代子(こだま・かよこ)
ゼネラルマネージャーが見守るなか、
シュート練習に続き、
アルテリーヴォの選手を交えた
30分単位のテストマッチを3本行いました。
テスト生達は、
それぞれ自分の力を存分にアピールしようと
懸命なプレーを見せていました。
そしてテストの結果、
8人が一次テストを合格して次の面談に進み、
今月25日頃までに
最終結果が伝えられることになっています。
和歌山からJリーグ入りを目指す、サッカー関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山は、きょう(15日)紀の川市の桃源郷運動公園で入団テストを行い、参加したテスト生15人が入団に向けて懸命に自らをアピールしました。
きょう(15日)の入団テストでは、新しく就任した河村優(かわむら・すぐる)監督や児玉佳代子(こだま・かよこ)ゼネラルマネージャーが見守るなか、シュート練習に続き、アルテリーヴォの選手を交えた30分単位のテストマッチを3本行いました。テスト生達は、それぞれ自分の力を存分にアピールしようと懸命なプレーを見せていました。
そしてテストの結果、8人が一次テストに合格して次の面談へ進み、今月25日頃までに最終結果が伝えられることになっています。