衆議院選挙投開票の見通し

2012年12月16日 13時41分 ニュース, 政治

衆議院総選挙の投票はきょう(16日)、県内855か所の投票所で行われています。投票時間は原則として、午前7時から午後8時までですが、全投票所のおよそ7割となる605か所では、投票終了が午後4時から午後7時に繰り上げられます。

そして、開票は、30市町村それぞれで行われ、紀の川市や有田市、御坊市など15市町村では午後8時に始められ、最も遅い開始は、和歌山市と橋本市、それに白浜町で午後9時半となっています。そして、小選挙区の開票作業が終了するのは、北山村が午後8時半ごろで最も早く、最も遅いのは和歌山市で、日付が変わり17日午前0時15分ごろとみられています。このため、県内3選挙区ともに、今夜遅くには、大勢が判明する見通しです。
各市町村では、小選挙区の開票終了後、引き続いて、比例代表近畿ブロックの開票作業が行われます。