和歌山競輪場で子どもたちのトレーニング教室(写真付き)

2012年12月16日 16時29分 ニュース, 社会, 経済

子どもたちにスポーツ施設としての競輪場に親しんでもらうことなどを目的としたトレーニング教室が、きょう(16日)和歌山競輪場で開かれ、少年野球チームの選手・関係者らおよそ150人が参加しました。

競技用自転車の体験乗車

競技用自転車の体験乗車



今回のトレーニング教室は、和歌山競輪場をスポーツ施設として親しんでもらうことや、小学生の体力向上などを目的に、日本競輪選手会和歌山支部に所属する選手の有志が企画して行われたもので、今年1月に続いて2回目です。
午前10時から行われたトレーニング教室では、走路内側の芝生でのダッシュや、ミニハードル・縄ばしごを使ったステップ走の練習などが行われたほか、子ども用の競技自転車を使った走行体験なども実施されました。
和歌山競輪場で子どもたちのトレーニング教室

和歌山競輪場で子どもたちのトレーニング教室


また地元若手競輪選手による模擬スプリントレースやオートバイを風よけにした追走練習も披露され、競輪場のバンク内は、招待で参加した少年野球チームの選手や保護者らの大きな歓声が響き渡っていました。