あす(22日)未明から朝にかけ突風・落雷などに注意

2012年12月21日 09時22分 ニュース, 社会, 防災

低気圧に南から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となるため、和歌山県内では、あす(22日)未明から朝にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意が必要です。

和歌山地方気象台によりますと、発達した低気圧に南から湿った空気が流れ込み、県内では、大気の状態が不安定となります。このため、あす(22日)未明から朝にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷などが発生するおそれがあり、注意が必要です。

和歌山地方気象台は、雷をともなった強い雨を降らせる、「積乱雲」が近づく兆しがある場合には、建物の中に移動するなど安全確保につとめるよう呼びかけています。