全国高校バスケ 県勢男女とも初戦敗退

2012年12月26日 14時10分 ニュース, 社会, 経済

高校の日本一を目指し、全国の予選を勝ち抜いた代表チームが出場する、全国高校バスケットボール選抜優勝大会が、広島県で開かれ、和歌山県勢は、男女ともに初戦で敗れました。

和歌山県からは、男子が県立和歌山北高校、女子が和歌山信愛女子短大附属高校が出場しました。男子の和歌山北は、2回戦から登場し、きのう(25日)、熊本県の九州学院と対戦しました。和歌山北は、中盤に粘りを見せましたが、61対106で敗れました。

また、女子の和歌山信愛女子短大附属は、大会初日の23日に登場しましたが、地元広島の県立広島観音高校に46対59で敗れていて、県勢は、男女ともに初戦で姿を消しました。