仁坂知事・新政権に注文

2012年12月26日 20時14分 ニュース, 政治, 社会

和歌山県の仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事は、きょう(26日)新政権発足に関して「ハード面・ソフト面を問わず、日本の将来のために投資する政策をしてもらいたい」と注文を付けました。

これは、きょう(26日)の県議会本会議の終了後、記者団の質問に答えたものです。

また仁坂知事は、自民党の三役に女性2人が起用されたことについても述べ「男性も女性もなく、自分の実力にあった活動をできる社会のひとつの表れではないか」と評価しました。