岡山の時鐘堂 大みそか鐘つき会は午後11時から(写真付き)

2012年12月29日 15時34分 ニュース, 社会, 経済

ことし(2012年)9月に建立300年を迎えた、和歌山市吹上の県指定文化財・岡山の時鐘堂では、大みそかの午後11時から、除夜の鐘つきが行われます。

P1000516

岡山の時鐘堂の鐘つき会は大みそかの午後11時から

岡山の時鐘堂は、徳川吉宗が紀州藩主だった、1712年に建立されて以来、藩士が登城する時や刻限を知らせる役割を果たしていました。1921年に時報が廃止されて以降、戦火を逃れ、現在は、8月15日の終戦記念日や大みそかに鐘つき会が開かれています。

岡山の時鐘堂の鐘つき会は、大みそかの午後11時から3時間の予定です。誰でも無料で参加でき、事前の申し込みも不要です。問い合わせ先は、和歌山ユネスコ協会 電話 073・435・1138です。