初日の出は、関空展望ホールでどうぞ

2012年12月30日 18時27分 ニュース, 経済, 防災

関西空港では、展望ホールを元日(1日)の午前4時からオープンし、初日の出見物客に対応します。

関空空港は海上空港のため、ビルなどの障害物を気にすることなく、初日の出が見物できるスポットとして知られています。
元日に早朝オープンするのは、関空展望ホール「スカイ・ビュー」メインホール4階と、5階スカイデッキ、および、スカイビュー・カフェフロアで、午前4時から10時まで、飲食が出来るスカイビューカフェは午前6時からの営業開始となります。また、旅客ターミナルビルと展望ホールを結ぶシャトルバスも元日は午前5時台から増便されます。
関西空港では「飛び立つ飛行機と初日の出という空港ならではの景色を楽しんで、そのあと、カフェで温かい飲み物や軽食をどうぞ」と話しています。
関西空港での初日の出は午前7時5分です。