LED10万個、貴志川イルミネーションが人気(写真付き)

2013年01月02日 11時48分 ニュース, 社会, 経済

紀の川市貴志川町の平池(ひらいけ)緑地公園で行われているイルミネーションが好評で、新年も元日から家族連れやカップルらが、凍えるような寒さの中、続々と見物に訪れていました。

貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)

貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)



これは、貴志川イルミネーション実行委員会が地域の魅力アップや世代間交流の場をつくろうと行っているもので、平池緑地公園の立ち木や、池の周りの歩道や手すり、芝生広場、それに、池の中央に浮かぶ平池2号古墳などにLED電球およそ10万個を配置して、昼間とは全く異なる、色とりどりの光あふれる世界を作り上げています。
元日のきのう(1日)も夜になって気温が下がり、凍えるような寒さにもかかわらず、午後5時の点灯時間前後から、家族連れやカップルらが続々と訪れ、光の中を歩いたり、写真を撮るなどしていました。
平池緑地公園で行われる貴志川イルミネーションは、昨シーズンに続いて2回目で、今月13日まで毎日、午後5時から9時まで点灯されます。
貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)

貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)


貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)

貴志川イルミネーション(元日・平池緑地公園)


平池は中世に作られた県内で2番目に大きな灌(かん)がい用のため池で、多くの野鳥が飛来することで知られ、池の近くや池の中にあわせて3つの古墳があり、周回する歩道などが整備されています。