凧が引っかかり、JRきのくに線に遅延

2013年01月04日 14時46分 ニュース, 交通, 社会, 防災

きょう(4日)午前、JRきのくに線に凧(たこ)が引っかかり30分後に撤去されましたが、普通2本と特急2本の計4本の列車に影響が出ました。

きょう(4日)午前11時25分ごろ、和歌山市三葛(みかづら)のJRきのくに線紀三井寺-宮前駅間の架線に、凧(たこ)と凧糸が引っかかり、およそ30分後に撤去されました。その間、御坊発和歌山駅行きの普通2本と新宮発新大阪行きの特急くろしお12号と特急くろしお9号など合計4本に31分から5分の後れが出て計920人に影響が出ました。