太地町森浦の国道42号で21日から片側通行

2013年01月16日 14時00分 ニュース, 交通, 社会, 経済, 防災

太地町(たいじちょう)森浦(もりうら)の国道42号では、紀伊半島豪雨で壊れた箇所の復旧工事のため、今月(1月)21日から3月29日までの間、終日片側交互通行になります。現場付近は、おととし(2011年)の紀伊半島豪雨で、川に面した道路の護岸が壊れ、路盤が流出し、応急復旧が行われましたが、今月21日から3月29日までの2か月あまりの間、終日片側交互通行にして本格的な復旧工事を行います。

道路を管理する国土交通省・紀南河川国道事務所では、工事期間中、交通規制を知らせる看板や、誘導する係員の指示に従い、安全に通行するよう呼びかけるとともに、理解と協力を求めています。