鑑識体験や白バイデモ走行見学も 県警採用説明会

2013年01月16日 14時17分 ニュース, 社会, 経済

優秀な人材に警察官になってもらおうと、和歌山県警察本部は、来月(2月)16日に、和歌山市の交通センターで、採用説明会を開きます。

説明会は、2部構成になっていて、第1部では、白バイのデモ走行の見学や鑑識体験などのほか、東日本大震災の被災地で活動した警察官の講話も行われます。第2部は、希望者のみで、装備品の見学や部門ごとに分かれての説明会があり、警務課からは、女性職員の働く環境や福利厚生についての説明があります。定員は50人で、参加対象は、17歳以上32歳未満です。

申し込みや問い合わせ先は、フリーダイヤル 0120・217・314で、平日の午前9時から午後5時45分まで受け付けています。締切は、来月(2月)8日です。

県警警務課の榎本健二(えのもと・けんじ)採用係長は「見て聞いて体験することで、仕事を理解して、警察官を目指して欲しい」と説明会への参加を呼びかけています。

和歌山県警の採用説明会は、来月(2月)16日午後0時半から、和歌山市西の交通センターで開かれます。