大相撲初場所7日目 和歌山県出身力士の結果

2013年01月19日 19時07分 ニュース, 社会

東京の両国国技館で行われている、大相撲初場所・7日目の和歌山県出身力士の結果です。

御坊市出身で、十両・西4枚目の木村山(きむらやま)は、大喜鵬(だいきほう)に寄り切りで敗れ、1勝6敗になりました。

三段目の紀の川市出身・千代雷山(ちよらいざん)は、琴太豪(ことだいごう)に寄りきりで敗れ、4連敗で負け越しが決まりました。同じく三段目の御坊市出身・栃乃島(とちのしま)は、闘鵬(とうほう)を押し出しで破り、2勝2敗としました。

幕下で海南市出身の海龍(かいりゅう)と三段目の和歌山市出身・久之虎(ひさのとら)は、取組がありませんでした。