全国男子駅伝、和歌山は37位

2013年01月20日 15時43分 ニュース, 社会

広島市内できょう(20日)行われた全国男子駅伝で、和歌山県チームは、2時間25分5秒でフィニッシュ、去年より順位を3つ上げて、37位でした。

天皇盃、第18回全国都道府県対抗男子駅伝は、広島市の平和記念公園を発着点とする7区間48キロのコースで、午後0時半にスタートしました。
和歌山県は、1区で39位、2区では42位と苦しい序盤となりました。その後、4区で和歌山北高3年の楠岡佳一(くすおか・けいいち)が区間19位、6区では、海南・亀川(かめがわ)中学2年の松尾拓実(まつお・たくみ)が区間25位など力走をみせますが、結局、37位でフィニッシュ、タイムは2時間25分5秒でした。